So-net無料ブログ作成
10代・20代女性の悩みといえば、
  • ニキビ、肌が脂っぽい、テカリ
  • むだ毛処理、脱毛
  • 体重の増加
  • ボディラインのくずれ
  • ヘアスタイル
などがあります。
ここでは、管理人みはが、お家で実践している脱毛について取り上げます。

毛深い脚がコンプレックスで、学生時代は除毛剤やシェーバーでむだ毛の処理をしていました。満足いく効果を得ることができない除毛剤。日々のお手入れが大変なシェーバー。脚を露出する機会の多かった学生時代から、社会人になってパンツスタイルが多くなり、むだ毛の処理も疎遠になってしまいました。

dehairing_ke-non_01.jpgdehairing_ke-non_02.jpgこのままではいけないと、2015年4月に購入したのが家庭用フラッシュ式脱毛器ke-non(ケノン)。本体色は黒を選択。箱に貼られたステッカーにVer.6.0の表記あり。

エステサロンに通って脱毛するという選択肢もありましたが、時間が拘束される、毎回通うのが大変、何回通えば満足いく成果が得られるか分からない、費用もかかる。そして、何よりも異常な毛深さが恥ずかしいということもあって、エステサロンで脱毛するという選択肢はなくなり、ke-non(ケノン)を購入しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

dehairing_ke-non_11.jpg
使用前、人には見せられないくらいもじゃもじゃでした

1回目は、照射レベル:7、シングルショットに設定。
照射の際、膝のお皿部分で少しチクッと感じたことはあったものの、他の部分では痛みは全く感じられず。照射直後、少し肌が赤くなりましたが、きちんと冷却したためか、すぐに沈静化しました。

dehairing_ke-non_12.jpg
1回目使用してから2週間後、醜くたくさん生えてきました

2回目も設定は変更せず、照射レベル:7、シングルショットに設定。
2回目の照射で、少しだけツルツルお肌のエリアができました。ただ、照射後のむだ毛の変化に効果が感じられない箇所も多いこと、肌への影響は少なそうと判断して、3回目以降は、照射レベル:10、シングルショットに設定することに。

dehairing_ke-non_13.jpg
3回目使用してから2週間(1回目から6週間)、だいぶ綺麗になってきました

3回目、照射レベル:10、シングルショットに設定。
膝のお皿の下部分は効力が甘いのか、やや残っているものの、ツルツルお肌のエリアが拡大。体毛の成長周期(4~6週間で一周)との兼ね合いもあるのだと思います。ke-non(ケノン)の効果を実感した時期になりました。

脱毛器ケノンke-non(ケノン)が推奨している脱毛間隔は約2週間。脱毛後、縮小期・休止期の体毛が成長期に入り、再び脱毛が必要になるため。効果が確認できるまでは、最低4~5回の使用が必要ですとしていて、管理人みはの場合も、毛深い割に標準的に効果が表れた印象です。

毛深かった脚は、使用当初、ほぼ全面に照射。そのため、準備や冷却などを含め、1回1時間近くむだ毛処理に時間を要していました。それがke-non(ケノン)を使用するたびに、むだ毛の生える場所が少なくなったり、生える間隔が長くなって、全面に照射していた脚も、むだ毛のあるところ、スポットで照射すればよいようになり、1回のむだ毛処理時間もグンと短くなり、とても満足しています。

こつこつとke-non(ケノン)を使い続けて、改めてよかったなと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ke-non(ケノン)は、ほぼ全身の脱毛に使用できます(お顔の一部(※主に眼球付近)や、Iライン、Oラインなど、皮膚が薄く、お肌の色が異なる場所は、安全の為に避けてご利用くださいとマニュアルに表記あり)。管理人みはが、毛深い脚以外に使用したかったのが、アンダーヘア。

Vゾーンは、濃い上に、除毛剤の影響で埋没してしまっていたり。Oライン、濃い上に広範囲で、Oラインというより、Oゾーンという印象。Iラインは、対照的にほぼお手入れいらずの薄さ。

Vゾーン、Oゾーンは、きちんとむだ毛処理をしないと、履く下着が限定されてしまうので、改善したい箇所。

毛深い脚は、2週間おきの照射を続けて効果が出ました。Vゾーン、Oゾーンは、2週間おきでは効果が出ず。照射間隔を1週間おきに短縮したら、Vゾーンは効果あり。照射しにくいOゾーンは、まだ照射回数自体が少ないこともあって、まだ途上です。

人目を気にする必要のない自宅で、アンダーヘアの脱毛ができるのは、ke-non(ケノン)のメリットのひとつですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ke-non(ケノン)のおすすめポイント

  • 人目を気にすることなく自宅で脱毛できる
  • 好きな時間に脱毛できる
  • ほぼ全身の脱毛に使える
  • カートリッジ交換式で長く使える
  • 女性、男性関係なく脱毛できる
  • 複数人で共有、みんなで脱毛できる

脱毛器

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ke-non(ケノン)覚え書き

  • 肌は千差万別。肌への照射テストはレベル1から(肌の状態を確認して、問題なければレベルを上げます。照射への耐性も徐々につくので無理せずに)
  • 部位によって痛みの感じ方は異なる。部位によって照射レベルの調整を
  • 冷却はしっかりと(付属の小さい冷却剤ではなく、大きな保冷剤を使って効率よく冷やしてます)
  • 付属の保護メガネは忘れずに(でも、照射ポイントがわかりにくくなったり、効率がよくありません。照射するときは横を向いてます)
  • ハンドピース(照射部)は強く肌に当てすぎない。やけどする恐れあり(熱さや痛みを感じたらすぐに冷却)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

フラッシュ脱毛とは?

カメラのフラッシュライトのような光を当てて行う脱毛方法。光によって毛根のメラニンに働きかけ、毛の再生力を弱らせる。

毛周期

縮小期(後退期) … 毛が抜ける期間
休止期 … 毛が生えてこない期間(顔:約1カ月、それ以外:約2カ月)
成長期 … 毛が成長する期間

メラニン数値が高い成長期に脱毛をするのがおすすめとされています。ke-non(ケノン)では、効果が現れるまで最低4~5回の使用が必要ですとしています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。